より良い地域社会を目指して

ロータリー会員とロータリープログラムの参加者は、日々、奉仕活動を通じて変化を生み出しています。地元や海外で実施されているプロジェクトの数々をご覧ください。これらのプロジェクトはソーシャルメディアでシェアすることができます。

プロジェクトを検索

計画中/グローバル補助金の協同提唱者を募集中

計画中/ほかの協力者を募集中



実施中

完了

ロータリー奉仕デー

ロータリー奉仕デー : シェカール・メータ会長のイニチアチブ

ロータリー奉仕デー:ロータリー会員と地域社会の人びとが一緒に地域の改善を目指して奉仕活動を行う特別な日です。「ServiceDay2021」(奉仕デー)のタグを使って奉仕デーのプロジェクトを掲載しましょう。

プロジェクトを見る




女児のエンパワメントプロジェクト

女児のエンパワメント:シェカール・メータ会長のイニチアチブ

シェカール・メータ会長は、重要な取り組みの一つとして、世界中の女児の健康、教育、福祉、経済的安定の向上に焦点を当てたプロジェクトを優先しています。メータ会長は、2021-22年度に実施するすべての奉仕活動において、女児のエンパワメント(地位向上)に取り組むことをクラブと地区に呼びかけています。

若者と青少年プログラム参加者の安全と福利は、ロータリーの最優先事項です。ロータリーでは、青少年プログラムに参加するクラブや地区が確実に青少年保護方針を実施し、虐待やハラスメントを防ぐために行動できるよう、包括的なリソース を提供しています。

プロジェクトを見る




新型コロナウイルス関連プロジェクト

新型コロナウイルス(COVID-19):ともに闘う

世界中のロータリー会員と参加者が、地域社会の人びととともに、新型コロナウイルスの情報提供、感染拡大防止、医療従事者や影響を受けている人びとへの支援に乗り出しています。命を脅かすウイルスの世界的大流行と闘う各地のロータリーの取り組みをご覧ください。

プロジェクトを見る




分野別

ポリオ根絶

私たちは30年以上にわたり、ポリオ(小児まひ)を世界から根絶する取り組みを行っています。1979年、フィリピンで600万人の子どもを対象に実施したワクチン投与活動がきっかけとなり、世界的なポリオ根絶活動へと発展しました。今日、野生型ポリオウイルスの常在国は、アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンの3カ国を残すのみとなっています。

プロジェクトを見る