プロジェクトを削除

このプロジェクトを削除してよろしいですか?一度削除すると元に戻すことはできません。



Main Image

地球環境保全プロジェクト

「ロータリー奉仕デー」として、世界中のロータリーが一つになり、同じ日に市民と共に、海岸や河川、湖沼の清掃活動をします。

完了
ロータリー補助金を活用
中級


詳細

地球環境は危機的に変動しています。その結果として現れはじめた気候変動による大災害は年々激化しています。また、海洋汚染がもたらす食物連鎖は生態系を危機に追い込んでいます。それらの原因の一つが生活ゴミの不適切な処分だといわれています。そこで日本のロータリー(TEAM JAPAN)は、2021年9月12日に、「ロータリー奉仕デー」として、それぞれの地区にある海岸・河川・湖沼の清掃活動を市民と共に行います。これに賛同した海外の地区や多くのクラブから、このプロジェクトへの参加を表明していただいております。このプロジェクトの活動は、直接的に地球環境の改善に寄与しますが、もっと大きな目標は、清掃活動をしながら、市民一人ひとりに環境問題への関心をもってもらい、日常生活に良い変化が現れることです。地球上のすべての人びとが、より良い環境の中に暮らし、将来世代に美しい地球を引き継いでゆくために我々ロータリアンができる行動です。同時に、グローバルフォトコンテストを実施中です(8月31日応募締め切り)。どこの国の誰でも応募することができます。皆様の周りの未来に引き継ぎたい美しい自然環境の写真を撮っていただき、たくさんのご応募をお待ちしております。

社会奉仕, 国際奉仕, 環境保全/環境保護

世界中の海岸・河川・湖沼
筑西市, 茨城県
日本

2021/9/12

2021/9/12

プロジェクトの資金調達

District grant
10000
USD(米ドル)

地域社会のニーズ、プロジェクトのインパクト、持続可能性

地域社会の調査:どのように地域社会のニーズを調査したか

2020-2021年度地区大会で地球環境フォーラムを開催し、多様なパネリストからの意見をもとに地域のニーズを抽出した。パネリストは、市民・ロータリアン・茨城県環境部・気候変動の専門家・廃棄物処分企業の代表であった。その結果、ロータリーには環境問題への人びとの意識を高める奉仕活動が求められているとの結論に至った。

-

プロジェクトのインパクト:プロジェクト終了後、地域社会がどのように改善されるか

直接的な効果として、清掃活動を通じて海洋汚染を改善し環境美化に貢献する。また間接的な効果として、市民の環境問題に関する意識の変化や生活様式の変容が期待できる。

-

持続可能性:プロジェクト終了後、どのようにプロジェクトの恩恵が続くか

その日の海岸が綺麗になるだけでなく、市民の環境問題に対する意識の変容は、地域社会だけでなく地球の持続可能な発展に寄与する。

-

プロジェクトの写真とビデオ

  • アップロードした人:
    Kazuo Arai
  • アップロードした人:
    Kazuo Arai
  • アップロードした人:
    Kazuo Arai

参加に関するデータ

ボランティア活動に費やした時間
24
時間
ボランティアの人数
32,000
寄付金総額
-
USD
寄贈物資合計
-
USD